2018・07
<< 06 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ 08 >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006/11/04 (Sat) 映画見てきました
相変わらずのシステム障害が続くPSU。
ま、予想通りやなぁ。
んなわけで、私は今ガンダムゲーム『戦場の絆』に
ハマってるわけですが、ゲームはいいね。
ホント気軽にできて。
完全バーチャの中で適当にリアルとスリルを味わうってことは
いわゆる「癒しのアハ体験」ってやつでしょうか?

そんなこの頃に先週、息子と二人で映画「父親達の星条旗」を観てきました。ネタバレを避けたいので、感想を一言で表現しますと…。
切ないです。ハイ。
恐らく第二部の「硫黄島からの手紙」も見に行くでしょう。
史実にリアルとか戦場のリアルとかよりも
戦争によって道理さえも道具にしてしまう
人間の怖さというか愚かしさというか、
とにかく強烈な反戦映画ですね。
CGとかの映像技術はあたりまえに駆使しながらも
ドラマにおいても丁寧にくみ上げています。
それだけに第二部は続編です。
第一部だけ見て詳しい感想はいえません。
ただ、過去にあった戦記映画の中で
もっとも客観的な作品だと思います。
観劇したあと息子に
「お前にはちょっと難しかったかなぁ?」
と、問うてみたところ。
息子は「う~ん」とちょっと唸って、
「うん。でも、***************ってことが
どれだけ*****のかはよく分かった」と。
ストーリーの主旨の1つを言い当てたので
私は単に個人の娯楽として鑑賞しないで
家族と一緒に観に行ってよかったと思いました。
今の時代は全くもって・・・・・・・です。

本当に先の戦いで犠牲になった多くの方々の御冥福をお祈りいたします。


スポンサーサイト

comment

初めまして、達也です。
僕も『父親達の星条旗』を
観てきました。
クリントが記者発表して以来、
画期的なこの映画にかなり
期待していました。
実際に見た感想は、かなり内省的で
アメリカ自信がこの内容に耐えられるのか
が心配です。まして、2部の『硫黄島からの手紙』を
観るアメリカ人が、果してどれ位いいるんだろうか・・・。
でも、クリントの勇気と映画人としての
スピリッツに拍手です。

P.S トラバさせてくださいね。

2006/11/05 19:22 | URL | TATSUYA [ 編集 ]

>達也さま
コメントをありがとうございます。
ビックリしました。しかもトラバ?! よろしくですぅ。
身内以外の人もちゃんと見てくれてるんですね。
こりゃ更新こまめにせなと目から鱗が落ちた気分です。
クリントの実力とルーカスチームのタッグは、
あちらじゃ定評あるでしょうから、
週チャートの2~3週間は中位ランクに留まるんじゃないでしょうか?
ちなみに米新聞各紙の総評は
「これほど見ていて切ない映画はない。だが事実だった話だ」
だそうです。

2006/11/08 01:25 | URL | 汐入 [ 編集 ]

お久しぶりです。お元気そうでなによりです^^
第2次世界大戦の事情に興味があるようでしたら、お暇なら松本さんの書いてらっしゃる「昭和史発掘」をお読みになってみて下さい。
私は結構目から鱗が取れますた。書いてあることに色々異論は出てくると思いますが、何故あのような事になったのかの事情の理解にある程度役にたつかと思います。
2006/11/08 02:19 | URL | 飛び加藤 [ 編集 ]

>飛び加藤さま
御無沙汰です。良書の御紹介をありがとうございます。^^
歴史には以前から興味もっていました。
特に学校が教えないポイントは積極的に調べたりしたものです。
2006/11/15 00:39 | URL | 汐入 [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback

trackback_url
http://negyo.blog39.fc2.com/tb.php/10-5be32005
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。